面接に挑む心構えは昼の仕事も夜も一緒!男性の風俗求人

男性風俗求人

男性風俗求人を見て就職したある知人の話

かっこいい男性

私の知り合いに大学を卒業して就職につかなかった友人がいます。さすがに焦ったのか色々な求人情報を探していましたが、なかなか思うようなところが見つからなかったそうです。そこで、風俗の求人に男性スタッフ募集の資料を見つけ応募してみたそうです。正直心配だったので「本当に大丈夫?なんか怪しくない?」と聞くと「面接の人はしっかりしてたし事務系の資格もってるからそっちの方の仕事を頼まれるみたい」とのことでした。
そして私も社会人になり、久し振りに連絡をとってみました。会って話をすることになり、近くの居酒屋に飲みに行くと「この風俗業界って色んな人がいるんだよね」と話をしてきました。「事務の仕事してると給料とか見る機会があるんだけど、人によって全然違うの。送迎とか雑用してる男性スタッフは20万くらいだけど役職についてる人なら100万近くもらっててビックリした」とのことでした。ちなみに知人はそれなりにもらっているそうです。
運営に関わっていると一気に給料が羽上がるとのことで、知人も「いつかは関わっていきたい」と意気揚々に話していました。人生なにがきっかけになるかわからないですね、男性風俗の求人は地域によってまちまちですが結構募集は多いそうですみなさんも試してみてはどうでしょうか。

ピアスやタトゥー可能な男性風俗求人はある?

男性の風俗求人の内容を見てみると、時々タトゥー禁止とされているところも少なくありません。反対に求人募集にピアス、タトゥーOK!とあえて書かれているものもあります。これを見ると、男性の風俗求人って、ピアスやタトゥーは禁止なのかな?イメージがあまり良くないのかな?と思ってしまいますよね。

実際には、ピアスというのは最近はファッションでしている人も多いですし、風俗で働く場合も問題ないという場合も多いです。ただし、そのピアスの内容にもよります。大きな穴が開いているようなものやとがったピアスを付けている場合、接客をする時に女の子を傷つける可能性もあるので、禁止しているところがほとんど。ただし、とてもシンプルなもので接客に問題がないという場合にはピアスを許可しているところが多いのです。

反対にタトゥーは意外にも禁止しているところがあります。ホストなどいつも着衣をしていてタトゥーが見えない場所にあるという場合はいいんじゃないの?と思うこともあるでしょう。しかし、男性スタッフは袖をめくる機会や服を脱ぐ機会というのも少なくありません。タトゥーがあると一般的にあまり印象が良くないので、女性がすこし恐怖感を抱いてしまうことも。そのようなイメージをさせないためにも、始めからタトゥーを禁止しているというところも少なくないのです。

男性風俗に求められるもの

風俗店では、女性キャストの対応や接客が大切なのはもちろんですが、同じように男性スタッフの対応や接客が、風俗店ではかなり大切になってきます。サービス業であるため、電話対応や受付の印象は大きく、お客様の次の来店につながる鍵を握っています。求人として一般企業よりも就職しやすいというイメージが、あるかもしれませんが、求人に応募して誰でも受かる、というわけではないのです。
また、女の子とコミュケーションをとることも、仕事の一つです。女の子が仕事で困っていることがないか、技術面や接客面での悩みを解消してあげたり、シフトを協力したりすることが必要とされます。また、プライベートの話をしてくる女の子もいますが、それも聞いてあげます!それは仕事に関係ないわけではないのです。お客様を満足させる女の子なしでは、お店は成り立ちません。女の子が悩みなく、楽しく、そして、安全に働けることが必須なのです。
そして、それによりお客様がたくさん来店してリピート客が増えればお店の売り上げが上がります。そして男性キャストにもお給料が支払われるのです。コミュケーションが苦手な人も、大丈夫です。やっているうちに慣れて、コミュケーション能力もアップしていきます。こういったことも含まれる男性風俗スタッフは、やる気や能力次第で早く昇給もできるので、やりがいがありますよ。是非風俗求人を検討してみましょう。